TEL:087-815-3373
水田駅のみたに歯科クリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

〒761-0301
香川県高松市林町1308-15

高松市の歯科・審美歯科

マタニティ歯科

マタニティ歯科

料金表

HOME»  マタニティ歯科

妊婦さんにとってマタニティ歯科が重要な理由

妊娠するとエストロゲン(女性ホルモン)の増加などにより、歯周病になりやすくなります。
また、歯周病は陣痛を引き起こすプロスタグランジンの生産を促進させるためその結果、早産や低体重児出産のリスクを増加させます。妊娠中はいつも以上のお口のケアが安全な出産へもつながります。
お気軽にご相談ください。

治療を受けるタイミング

妊娠中の歯科治療は受けられない、難しいと思われている方は少なくありません。
しかし、治療のタイミングをしっかり見極めれば、むしろ受けて頂いたほうが良いのです。
出産後は育児に追われ、歯科に行くこともままならなくなるためです。
適切な治療のタイミングは妊娠中期(5~8ヶ月)の安定期になります。
妊娠初期(1~4ヶ月)は、つわりでお口の中の治療がお口の中の治療が難しいうえに、
切迫流産の危険性もある時期なので治療は控えたほうが良いでしょう。
妊娠後期(9ヶ月以降)は、いつ陣痛が起きてもおかしくない時期でお腹も大きくなり、診療台に横たわるのも辛くなります。
できればこの時期までに治療は済ませておくのがベストです。
一度ご来院いただき、適切な治療や予防処置のアドバスを受けて頂くことをおすすめいたします。

マタニティベビーのための母子感染予防

むし歯が感染症であると自覚しているでしょうか?
むし歯を経験していると人は、虫歯の原因菌に感染しています。この菌が子供に移ることが「母子感染」と呼ばれています。「母子感染」と呼ばれていますが、妊娠中に体内で感染するわけではなく、歯が生えてからしか感染しません。
生まれたばかりのお子さんのお口の中には、むし歯菌も歯周病菌もいません。
おもに、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんから感染します。離乳食の味見などで赤ちゃんのスプーンを使うことやキスが感染ルートとなっています。

母子感染の経路

むし歯が特に感染しやすい期間

  • ① 1歳7か月~2歳7か月
  • ② 6歳
  • ③ 12歳

これらの時期は、すべて奥歯が生える時期です。
この時期に「感染の窓が開く」といわれています。

歯が生えてくると、「歯磨きをさせてくれない」「歯磨きする前に寝てしまった」などの質問をよく受けます。大切なお子様の歯を守りたい気持ちが伝わってきて嬉しくなります。
もちろん歯磨きは大切です。しかし、お子様の歯を磨くだけではなく、周りの大人が移さないために、自分自身のケアを行うことが重要なのです!
(今からでもお口のクリーニング、むし歯・歯周病菌の除菌は可能です)

※ただし、親子のスキンシップは非常に大切ですから、あまり神経質になりすぎることはありません。